イメージ画像

薬剤師求人:転職の面接ポイント

薬剤師の転職を考えている人は少なくありません。 知人などに「面接で気をつけることはどんな事がありますか?」と尋ねられることもしばしばありますが、正直面接での付け焼刃は効果なしです。面接を受ける側としては上手にテクニックを駆使しているつもりかもしれませんが、面接官側からするとすぐに分かってしまいます。

経営者がどのように採用者を決めるかというと、まずは履歴書と職務経歴書で大雑把にふるいをかけ、面接は実際会って会話をしてみてどうなのか、ということをチェックする場だと考えて下さい。
パートが管理薬剤師

余りある才能を持った人間性も素晴らしい人、というのであれば履歴書にある小さい問題は見えないフリもできますが、まずそんな奇跡は起きません。となると、やはり重要なのは履歴書ということになります。ですが履歴書を立派に城では、面接のポイントにはなりませんよね。

自分や周囲の経験談から来る薬剤師転職のポイントをいくつか書かせてください。まずは、面接時間の厳守です。至極当然のことですが、実際遅刻して面接にみえる方は少なくありません。電車の遅延も渋滞も迷子も、社会人としての言い訳としてはアウトです。遅れる場合は電話をしておくことをオススメします。
埼玉県病院薬剤師会

「申し訳ありませんが、~という理由で少し遅れてしまいます。どうぞよろしくお願いいたします」という電話をかけるだけで、マイナス要因は減りますし、しっかりとした行動が取れる人だな、というイメージにも繋がるものです。連絡せずに遅れるなんて問題だらけですし、言い訳もマイナス要因にしかなりません。

道に迷ったという理由などは、事前に場所の確認を行っておくのが普通ですから避けた方がいいでしょう。 面接を受ける場合は10分早く来て待合室で待機すること。もしも待合室のないあまり大きくない企業だとしたら、係員さんかスタッフさんに、「本日~時から面接をお願いしている○○です。

早めに着いてしまいましたので、外で待たせていただきます」のように一言伝えれば好印象を手に入れる事が出来ます。また、面接を受ける際の服装にも気をつけましょう。きちんとしたファッションを心がけて下さい。男性であればスーツにシャツは白。企業の種類はどこでも同じです。

たとえ小さめのドラッグストアだったとしても、スーツを選んで下さい。女性のケースでもスーツがあればスーツで面接に臨むのがオススメです。スカートを選んでもパンツを選んでも構いません。もしもスーツがない場合は、いつもよりフォーマルなファッションを選択します。

気をつけたい点としては、個性的なファッションは避けるということです。友人の経営者から聞いた話ですが、薬剤師が足りずに困っていたとき、普段の服装で見えた方を採用したところ、仕事へのやる気が余りにもなく、1度採用したもののすぐに辞めてもらったそうです。残念なことですが、見かけと中身が比例してしまうということなのかもしれませんね…。

次なるポイントとしては、前の仕事場の陰口を口にしないことです。面接時に前職場の愚痴や、辞めたときの会社の対応のまずさを口にする人は少なくありません。

この行為は面接官の心象を悪化させるだけの行為です。このような人間性だから仕事を辞めているのだな、と思われてしまいかねません。飾る必要はないですが、もう少し前向きな言葉にチェンジしてみましょう。

そして最後のポイントですが、面接官の方が「最後に質問はありますか?」と口にしたら、「本日はお時間を取っていくださってありがとうございました。採用していただけるかはわかりませんが、もしも採用いただけた場合、勤務する日までに勉強しておいた方がいい事があれば教えていただけると幸いです」といった内容のことを、面接官へと伝えて下さい。

これはとてもいい印象を経営者側は持つようです。受験者の仕事へのモチベーションの高さが伝わる一言だと考えていいでしょう。

薬剤師の転職を成功させるには

より良い職場を求めて転職をしたものの、気づけば前の職場の方が良かったと感じてしまっている方もいるようです。 そのような状況では、転職に成功したとは言えないでしょう。

薬剤師というのは、非常に離職率も高い職業だともいわれています。 職場を離れ、転職をした人のすべてが満足のいく結果に終わったとは言えないので、薬剤師の転職を成功させるためのポイントについてチェックしてみましょう。

離職率が高いということは、薬剤師にとって不満を感じる職場が多いということですよね。 このことをよく理解した上で職場探しをしなければなりません。

適当に転職活動をしてしまうと失敗してしまう可能性が高いので、まずは転職についての心構えを知りましょう。

どうしても転職をするとなると、後ろ向きなイメージを持ってしまいがちです。 確かに転職回数が多くなるほど面接では不利になるため、そのイメージは仕方がないのかもしれませんが、転職をすることによってキャリアアップに繋がることも珍しくありません。 新たな知識を得るための手段が転職だと考えてみてはどうでしょうか。

前向きな気持ちで転職活動を行うことができれば、転職も成功しやすくなるはずです。

そもそも薬剤師という資格は国家資格であるため、とても重要が多いといえるでしょう。 人手が不足している職場も多く、条件さえ合っていればすぐに採用してもらえる職場もあります。

そんな中で自分に合った職場を探すためには、できるだけ多くの情報を集めることが重要です。 採用してもらえる職場=自分に合っているとは限らないので、まずはできるだけ沢山の情報を集めましょう。

その時に役立つのが転職支援サイトと呼ばれるものです。 実際に働き始めてみないと職場の悪い点は見えてこないのが普通ではありますが、転職支援サイトにはキャリアコンサルタントと呼ばれる方がいます。

こういった方はその職場についての内部事情などに詳しいので、相談をしながら自分に合った職場を見つけましょう。

薬剤師求人は倍率が高い?

薬剤師という職業は需要があるものの、求人倍率も高いと思っている方が多いのではないでしょうか。 せっかく苦労して国家資格を取得したとしても、就職先がなかなか見つからないということになると大変ですよね。

薬剤師の求人倍率について考える際には、時給の高さも一つの目安になります。

薬剤師の時給は非常に高く、2000円を超えることも珍しくありません。 一般的な職種の平均時給は900円前後となっているため、こちらと比べてもとても高いですよね。

時給が高いということは、需要があるということ。 まだまだ薬剤師を求めているすべての職場で薬剤師の数が足りているとは言えません。 求人倍率もそれほど高くないでしょう。

ただ、薬剤師の求人倍率は、どの地域で仕事を探すかによって大きく変わってきます。 すでに薬剤師不足が解消されている地域もあれば、そうでない地域もあるということです。

都会と地方を比べた場合、地方の方が求人倍率は低いといえます。 つまり、求人数が多いということ。 それだけでなく、地方の方が給与も高めに設定されています。

これは、他よりも給与条件を高めに設定し、1人でも多くの薬剤師を獲得するための工夫だといえるでしょう。

逆に、都会のたくさん人が集まるような地域では、それほど条件を良くしなくても薬剤師が集まるケースも多く、地方に比べると給与条件などは下がります。

都会や地方といった勤務地の問題を除くと、薬剤師は全国的にみて求人数の多い職業だといえるでしょう。 一般的な就職情報誌などでも沢山の情報が掲載されています。

ただ、薬剤師として働ける職場を探しているということであれば、様々な職業の求人が掲載されている就職情報誌を選択するのではなく、薬剤師専門の転職支援サイトを活用してみてはどうでしょうか。

転職を手伝ってくれるコンサルタントもいるので、自分1人で就職先を探すよりもより条件に合った職場を見つけやすくなるでしょう。 一度転職活動したものの失敗してしまったという方は、次に転職する際に転職支援サイトをうまく活用してみると良いですね。

このページの先頭へ