イメージ画像

アルバイトで薬剤師をする

薬剤師の資格を持っている人の中には、アルバイトで働きたいと考えている人もいると思います。ですが、面接を実際に受けてみたけど本採用まで届かなかったり、第一志望の仕事に就けなかったりと、もしかしたらそういう人もいるかもしれません。

実際問題薬剤師のアルバイト募集の数は少ないのかというと、案外数多く存在します。数多く求人が出されているアルバイトの中でも、ドラッグストアおよび調剤薬局は特に多い案件です。むしろ薬剤師のアルバイトはこの二つがほとんどと考えていいです。

薬剤師が関わる仕事というのは他にも治験や新しい薬の営業、臨床など様々ですが、こちらはアルバイトの仕事でななく、正社員のみが関わることのできる仕事といえます。企業での業務は勤務時間の問題で非正規雇用のアルバイトではなく正社員を募集する流れがほとんどです。

一言でドラッグストアと調剤薬局とまとめてしまいましたが、もう少し細かく見ていきましょう。ドラッグストアのケースでは調剤が一緒に入っている店舗と、OTC薬品のみ取り扱っている店舗があります。調剤薬局のケースでは病院の中に入っている薬局と、独立した薬局が存在します。どの形態の職場で働きたいか、しっかりチェックしてから求人を選択して下さい。

アルバイトと言えども、実は薬剤師の求人はとても高い倍率となっています。求人が多いということは一見倍率が低いようにも思えますよね。いつ見ても求人が出ていますし、探すのも難しいことではないです。ですがそれが気をつけなくてはいけないポイントでもあります。

薬剤師の求人というのは、高額設定の時給や、ほとんどない残業、決まった休みなど、勤務する側から見るとたとえアルバイトだったとしても嬉しい条件が多いのです。休みの希望や少ない勤務日数など、希望に沿った働き方ができる仕事場が少なくないため、求人が掛かるとあっという間に応募者が殺到します。

そうなると求人案内を目にしたときにはすでに採用者が決まっているか、面接までたどり着いてもなかなか採用されないか、この二つになってしまう事がほとんどです。アルバイトであればいつでも見つかるよ、ということではありませんので、早め似行動に移しましょう。

ここまでのまとめとしてポイントを挙げていきます。薬剤師のアルバイトをするためにまず必要なことは、「どんな業務内容のアルバイトをしたいか」ということ。調剤薬局の業務とドラッグストアの業務では違いが大きいですよね。

どのようなカテゴリで働きたいのかを考えておく事で、実際あるバイトを始めた時に悩む事がなくなるでしょう。

そして希望条件を把握しておくことも大切なことです。場所はどこにするのか、どんな職種で、どのくらいの時間働くのか、休日はいつを希望するのかなど、アルバイトをする際にどのような条件を求めているかをきちんと自分で理解しておいて下さい。

条件の確認が終わったら求人を見つけていきますが、あまりに条件が高すぎたり細かすぎても探すのは難しいです。ここだけは我慢できない、まあこれは緩くてもいいかな、というのを振り分けておくのがいいでしょう。

薬剤師のアルバイト募集は数多くありますが、希望のものが定期的に募集されているわけではないです。いつでも最新のデータをチェックできるよう、転職支援サイトを上手に利用するのがいいと思います。

このページの先頭へ