イメージ画像

漢方薬剤師という仕事について

薬剤師と一言で言っても、様々なお仕事があります。みなさんは、「漢方薬剤師」という職業を耳にされたことはありますか?この漢方薬剤師というお仕事も、資格が必要となりますが、薬剤師のお仕事のひとつになります。余り耳慣れない名称ですよね。

では、この漢方薬剤師さんになるにはどうしたらいいか、そして普段はどのような業務をされているかを、少しだけご案内させて下さい。

「漢方薬剤師」の正式名称は「漢方薬・生薬認定薬剤師」という名前になります。国家試験をパスして薬剤師になった方が、漢方薬や生薬についての専門的な分野を学び、今度は民間の試験をパスすることによって、晴れて「漢方薬剤師」として働く事が可能です。

普段街を歩いていると「調剤薬局」という看板を目にすると思いますが、薬局の中には、漢方薬を扱う「漢方薬局」もあり、漢方薬剤師は、このような漢方薬などを販売する薬局に勤務する事ができます。

元々漢方薬は中国由来のものですが、それが日本にも伝わり、遠い昔から愛用されてきました。化学的なものではない、いわゆる民間療法と呼ばれる一種ですが、漢方薬の効果は確かに存在しているようです。

化学的に組み合わされて製作される医薬品との違いは、現代の医薬品が効果が迅速に現れるのに比べ、漢方薬は緩やかに効いてくるという部分になります。効果は緩やかですが体に対しての負担が少ないため、効果が即効性の代わりに体にも多少の負担が掛かる現代の薬ではなく、漢方薬を支持する人は大変多いようです。

漢方を取り扱う漢方薬局の役割は、体調を崩した人たちからの症状の相談を聞き、アドバイスを行ったり、漢方薬の調剤をし、患者さんにあった漢方薬を調剤をします。

薬を出すという役割だけではなく、健やかな毎日を過ごすための指導や、お店によってはテーブルや椅子、健康茶などを用意し、ご年配の方たちの憩いの場としての役割を果たしているお店もあるようです。

このように漢方薬局は、一般的な調剤薬局と異なり、患者さんとの会話を重ねることによって、アットホームな雰囲気でのサービスを行なっているケースも少なくありません。

このページの先頭へ