イメージ画像

薬剤師の仕事はシングルマザーにも適職

なんらかの資格を持っていると、それを武器にして一生仕事に困らなくなります。もちろん資格の内容にもよりますが、薬剤師の場合はどんな場合でも仕事を探すことは容易のようです。

とくに女性は結婚したりお子さんが生まれると、それまでのようにフルタイムで働くことが困難になります。もちろん面倒を見てくれる人が身近なところにいればいいですが、そうでない場合は私生活との両立を考えなければなりません。

シングルマザーとなった場合は、子育ても仕事も両方一人で取り組まなければなりません。でも雇う側としてはなるべく長時間働いてくれて、残業もできる人を雇いたいという事情から、子持ちの人は採用を渋ることがあるのです。

でも薬剤師の場合は全般的に人手不足ですから、子連れの方でも良い条件で雇ってくれることが多いのです。子育てにはどうしてもお金がかかりますから、仕事をしないわけにはいきません。

薬剤師は求人も多いですし、時給も高いので、たとえ短時間しか働けないとしても、他の仕事よりは給料をたくさんもらえるのです。薬剤師の資格を持っている人なら、シングルマザーになっても経済的に困窮することはないでしょう。

実際に多くのシングルマザーが薬剤師として働き、子育てとも両立しています。一般的に母子家庭は収入が少なく、生活を切り詰めているようなイメージがあるかもしれません。

でも薬剤師としての収入があれば、多少贅沢をしたり、お子さんの欲しがる物を買ってあげることもできます。そのため、薬剤師で良かったと実感している人も多いようです。本来働いた時間分の報酬に加えて、薬剤師手当てというのがもらえる場合があります。

そうすると月にもらえる給与の額はグンと上がるのです。少しでも収入を増やしたいシングルマザーにはとても嬉しい金額です。

また給与の高さだけではなく、人間関係が良いところで働きたいと考える人も多いでしょう。その場合は薬剤師専門の転職サイトに登録すれば、希望条件に合う仕事先を探してもらうこともできます。

このページの先頭へ